姿勢に気を付ける

010

姿勢が悪い人は冷え性になることや自律神経の乱れなどから心の病気になりやすいと言われていますが、内臓にかかる負担も大きくなるので便秘の症状や下痢などの胃腸トラブルや他にもさまざまな症状が顕著に現れるようになります。

姿勢を正しくしようと思っても姿勢が既に悪くなっていると日頃からきちんと意識がけしないと姿勢を正しくすることはできませんが、放っておくと目に対する負担を強めてしまい結果的に眼精疲労の症状が起こることもあります。

眼精疲労を改善するためのサプリも最近では多く販売されているので、これを購入して飲用することによっても一定の効果は期待されるところですが、眼精疲労サプリだけでは完全に眼の症状を改善することはできず、そこには姿勢の悪さがどうしても関係してきます。

そのため、眼精疲労サプリを始めるのであれば同時に姿勢を正すことも意識がけるようにしたいところですが、同じ姿勢をするのをできるだけ避けて定期的に腰や足の位置を変えるなどの方法も有効な方法にはなります。

癖がついてしまうとどうしても姿勢を元に戻すことは難しくなってしまうのですが、きちんと意識をすれば元に戻すことも可能です。

また、デスクワークが必要な人はパソコンとの距離を50cm以上話すのも姿勢を正す上でのコツであり、なるべく背筋を伸ばすように意識しましょう。

必要に応じて姿勢矯正アイテムなどを購入して姿勢を正すのをサポートするというのも方法の一つになります。