目薬を使用する

006

眼精疲労サプリを飲用することで得ることができる効果は目のリラックス効果や充血の改善効果、他にはドライアイの症状を改善することもできますが、いずれの場合も症状が初期の場合に限り、病院での治療が必要なくらいに進行してしまっている場合は眼精疲労サプリを使用しても改善効果はあまり期待できません。

眼精疲労サプリは通販でも購入することができますが、購入して飲用しても効果を発揮するのは体内からになるので、それとは別に直接的に眼へ効果を発揮する目薬などの併用もおすすめします。

目薬にもいろいろな種類があるのでどれを選んで購入して使用するのか悩むポイントでもあると思いますが、目のピント調節をしている水晶体の周辺にある毛様体筋という部分の筋肉を緩和させることが疲れ目対策には効果的になるので、これに対する効用があるメチル硫酸ネオスチグミンが配合されている目薬がおすすめになります。

また、充血の症状が顕著に現れている場合については血液の膨張が理由になっているので収縮作用のある成分が必要になりますが、その効果を発揮するのが塩酸テトラヒドロゾリンで含有されている目薬は多く販売されているはずです。

ドライアイについてはコンドロイチン硫酸ナトリウムが配合されているタイプの目薬がおすすめになりますが、この成分には角膜表面を保護する作用があるので、これによってドライアイの症状を改善させて目に潤いをもたらすことができますが、効果の程度は個人差もあります。