蒸しタオルを使う

004

目の疲れやドライアイなどの症状が顕著に現れる場合は眼精疲労の可能性が高くなっていますが、改善する方法として眼精疲労サプリを購入して飲用するという方法があり、含有されている成分については目に良いとされているブルーベリーのアントシアニンやルテイン、他にもビタミンなどがあります。

眼精疲労サプリは医薬品ではないので完全に症状を改善することができないため、日常生活に差し支えるくらい顕著な症状が見られる場合は眼精疲労サプリではなく医療機関で診てもらって医薬品による治療が必要になります。

それほど症状が重たくない場合は眼精サプリだけでもかなりの効果が期待されますが、それとは別に蒸しタオルを使用するというのも目の疲れを癒す効果があると言われていて、その際に使用する蒸しタオルの温度については40度で、使用する時間については10分がベストだと言われています。

これによって回復効果が期待できるのはドライアイの改善やピントを合わせるなどの効果ですが、蒸しタオルの使用方法については厚手のフェイスタオルを水で濡らして電子レンジで温めるという簡単な方法でレンジの中でも使用することができるジップロックがあるとなお良いでしょう。

気をつける点としては熱すぎると目へのダメージが大きくなる可能性があるという点ですが、疲れ目だけでなく他にも寝不足によって生じてしまった目のクマに対しての効果も期待できるように目のトラブルにはかなりメリットがあります。